iPhoneの歴史について|貴金属、ブランド品、高価買取なら買取専門店タロー<北九州・八幡西区>

買取専門店タロー
北九州・八幡西区の貴金属、ブランド品、高価買取

iPhoneの歴史について

スマートフォンとして絶大の人気を誇るiPhoneは、
未だにその人気が衰える気配はありません。
初代iPhoneから様々な過程を経て現在の
iPhoneに至ります。
こちらでは、現在スマートフォンとして
人々に活用されているiPhoneの歴史について
ご紹介したいと思います。
初代iPhone iPhoneのモデルが最初に発表されたのは、
2007年1月に発表されました。
それから約5ヶ月後の2007年6月に、
初代iPhoneはアメリカで販売されました。
2007年に販売されていた他のスマートフォンは、
画面とキーボードの様なテンキーが
合わさった種類が多くありました。
しかし、iPhoneは画面にタッチすることで
番号や文字を表示することができる
タッチスクリーンを搭載し、スマートフォンに
革命を起こしたのです。
日本では使用されていない通信方式を
採用していたため、日本では使用できず、
日本でこれを所持している人は
ほとんどいないと思われます。
日本で初めて発売されたiPhone3G 初代が販売されてから約1年後の
2008年7月にiPhone3Gが発売されました。
初代のiPhoneは通信方式が
採用されていない日本や他の地域では
販売されませんでしたが、iPhone3Gから
日本を含め22地域などで発売されました。
「値段は半分、速度は2倍」といった
キャッチコピーやAppStoreのサービスが
提供され、さらにiPhoneの人気を
加速していきました。
パワーアップしたiPhone3GS 2009年6月に発売されたiPhone3GSは
3Gと比べ、処理性能が最大2倍高速化され、
バッテリー寿命も長くなり、様々な機能が
追加されました。
処理スピードなど様々な面で
パワーアップしたiPhoneは、「最強のiPhone」と
いったキャッチコピーで発売され、
多くの人気を呼びました。
デザインや機能が大きく変貌したiPhone4 2010年6月に発売されたiPhone4は、
iPhone3Gからデザインが
大幅に変更され発売されました。
iPhone3Gのデザインは
少し丸みがあったデザインでしたが、
iPhone4では背面をフラットに仕上げ、
周囲をメタルフレームで
囲うデザインを採用しています。
このiPhone4でOS4.0から呼称が
iOS4とされ、マルチタスク機能や
Retinaディスプレイが採用され、
これまでの通常の画面と約4倍の
解像度がされると様々な変貌を遂げました。
新たな世界が導入されたiPhone4S 2011年10月に発売されたiPhone4Sは、
現在も引き継がれている音声アシストソフトの
Siriと様々なデータをバックアップ可能な
iCloudが搭載されました。
また、この端末からauもiPhoneの取り扱いを開始。
これがきっかけで日本国内のiPhoneユーザーが
爆発的に増えていきます。
さらに大きくなったiPhone5 これまでの画面サイズを3.5インチから4インチに
変更されたiPhone5は
2012年9月に発売されました。
iPhoneのサイズがこれまでのモデルと比べ
大きくなったことや重量も以前のモデルよりも
軽量化され、使いやすさが向上しました。
なお、翌年同等スペックを有し、
カラーバリエーションに特化した
モデルとしてリリースされたiPhone 5cについては
割愛させていただきます。
改良がすごいiPhone5S 翌年の2013年9月にiPhone5Sと
iPhone5Cが同時に発売されました。
5Sではスマートフォンとしては、
世界で初めて64ビットに対応したチップを
搭載した他、指紋認証センサーでの
ロック解除が可能になりました。
カメラ機能も大幅に強化されており、
f値も2.4から2.2に、ホワイトバランスなどの
正確性も大きく増しており、
「下手な知識で一眼レフを使うより、
iPhoneで写真を撮ったほうがキレイに撮れる」
と言われるほど、写真がキレイになったのは、
こちらの機種からではないでしょうか。

カラーバリエーションの中に
ゴールドが追加され、女性ニーズを
満たせるようになったことと、
ここからNTTドコモがiPhoneの
取り扱いを始めたことも、
本端末の特徴です。
またまた大きくなったiPhone 6/6 Plus A8チップ採用となり前機種より、
さらに処理性能が向上して高性能な
アプリもスムーズに動く機種です。
この機種よりNFCが搭載され、
アメリカ本土などではiPhoneを財布の様に
扱う人が増え、スマートフォンの
利便性を広げた機種です。

残念ながら当時の日本では、
Appleが採用した規格が日本の
標準規格でなかったため、欧米の様な
広がりはありませんでしたが、
オールインワンのスマートフォンとなる
転機とりました。
デザイン的には丸みを帯びたフレームに戻り、
薄さも際立っています。

また、iPhone6よりひと回り大きい
iPhone6 Plusも発売され、
以降通常サイズのiPhoneと
ひと回り以上大きいサイズのiPhoneの
2サイズ展開はこの機種から始まりました。
歴代最高と評されたiPhone6S/6S Plus iPhone6Sは搭載チップがA9となり、
性能の向上の他にもバッテリーの
持ちも向上するなど、歴代のiPhoneの中でも
非常に評価が高い機種でもあります。
さらにディスプレイには、3D Touchという
新たな技術が採用となり、
画面を操作する際に
押し込む動作も加わり新たな
操作感覚が話題になりました。

ホームボタンも物理的に押すのではなく、
圧力を検知し反応する仕様となり、
使用者を驚かせました。
メインカメラも大幅に強化され、
未だに品機が高い機種ですね。
小型化のiPhone SE 近年もまだまだ大型化が進む
スマートフォン市場で、iPhoneSEは
女性でも手に馴染むコンパクトなデザインで
話題を集めました。
コンパクトではありますが、Touch IDも
搭載され性能的にもiPhone6Sと
遜色ないパフォーマンスで人気を集めました。

カラーバリエーションも4色展開していて、
女性を意識した機種です。
扱いやすさと高パフォーマンスのバランスが良く、
今もなお根強い人気がありますね。
アクティブなiPhone7/7 Plus iPhone7から遂に防水防塵機能が加わり、
よりアクティブな環境に対応できる性能となりました。
チップもA10搭載となり、
パフォーマンスも向上しました。
iPhone7ではイヤフォンジャックが廃止となり、
新たなデバイスが必要になった事も特徴です。

また、この機種からおサイフケータイに対応となり、
日本のユーザーからは歓喜の声が
上がった機種でもあります。
デザインが一新したiPhone8/8 Plus iPhone8からA11チップが搭載され、
パフォーマンスが向上しました。
新たな急速充電技術が採用され、
充電時間の短縮に成功しました。
また、ワイヤレス充電にも対応しています。

それに伴い、背面がガラス素材になり
光沢が増したデザインとなっております。
カメラも高性能化を果たし、
スローモーション撮影などのグラフィック処理が
向上した機種でもあります。
ホームボタンが無くなったiPhoneX Appleが提示する10年先のスマートフォン。
話題となったのはFace IDである。
非常に精度の高い顔認証システムは、
使う毎に精度が増し、
新たなセキュリティとして提示されました。

また、その技術を用いてアニ文字という
新たなメッセージツールも話題となり、
話題満載の機種です。
ベゼルを無くし、画面全体を
ディスプレイにするなど閉塞感が出てきた
スマートフォン市場に斬新な
デザインで注目を集めています。
カラーバリエーション豊富なiPhoneXR 2018年10月発売のiPhoneXRは、
目を奪うほどの美しいディスプレイと
宇宙産業の技術にも使用される
精密度の高いアルミフレームが魅力なモデル。
スマートフォンの中で最も賢いとAppleが謳うほど、
Appleの技術を詰め込んだA12 Bionicは
あらゆる性能を高め、他社のスマホを
圧倒するパフォーマンスを実現させてくれます。

リアルタイムで使用者のパターンを学習し、
使うほどに馴染んでいく次世代の動作が
体現できる機種と話題になりました。
カメラ性能も向上し、これまでに無い写真や
Face IDなどのスマートな活用に
大きく影響するでしょう。
フレームカラーも6色展開で選択の幅があり
ユーザーを惹きつける要因となっています。
カメラや画質が爆発的に向上した
iPhoneXs/Max
映像美に革命を起こしたRetinaディスプレイを
超えるSuper Retinaディスプレイ搭載で
迫力を超えた大迫力が魅力なハイエンドモデル。
Super Retinaディスプレイは
スマートフォン史上最も色を
正確に映し出すとAppleは謳っております。

フレームにも革命を起こし、精密に
加工されたステンレススチール製フレームは
医療技術と同グレードの品質となり、
防水・防塵性能の向上を実現させました。iPhoneXRにも採用されている
A12 Bionicが搭載され、
高性能な性能と大迫力な
映像を楽しめる機種と話題になりまました。

デュアルカメラ採用でより美しい写真や動画が
楽しめる魅力も増しました。
こちらでは、これまでのiPhoneの
歴史をご紹介いたしました。
この歴史を見る限り、これからもiPhoneは
スマートフォン業界の最先端を
突き抜けていくのではないでしょうか。
そんなiPhoneの新しいモデルを購入して、
従来使用していたiPhoneの処分に
悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
買取専門店タローでは買取相場に
合わせてiPhoneの高価買取や中古買取を
北九州市八幡西区折尾で実施しております。
従来使用していたiPhoneの処分を
検討されている方はぜひお気軽に
お問い合わせください。
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Instagram

PageTop